最善手説教事件

私がバックギャモンを始めたきっかけは、HEROZがアプリをリリースしたこと。それから約6年半が経った。

その6年半で、いちばん不快だった出来事について書きたい。いつか話のネタにするつもりはあったんだけど、いまがいい機会かなと思って……。

端的に言うと、私が最善手を選んだにもかかわらず「それは間違いである」と説教をされたのだ。

下記がその局面。お時間ある方は考えたうえで先に進むといいかもしれない。

f:id:amanomurakumo:20201123234230p:plain

これはラウンドロビン(1ゲームごとに対戦相手を入れ替える形式)をしていたときのもの。

お相手の方を仮にAさんとする。Aさんは対戦後にちゃちゃっと局面を戻して、「なぜ実戦の手を選んだのか」と聞いてきた。

余談だけど、こうしてすぐ再現できるのはすごいと思う。普段から人に教える立場なのもあるのかな。別に撮影も録画もしてないのにね。

私が理由を言った。ちなみに実戦中も1分は考えた気がする。

それに対してAさんの猛反発を受けた。口調が次第に熱を帯びてきたんだけど、私のほうが正しい可能性はあると思っていた。Aさんの言い分に納得ができず、相づちもおざなりになった。

Aさんは私の態度が不満だったんだろうか。Bさんを呼んできてポジションを見てもらった。

BさんはJBLのタイトル経験者クラスで、十分に信用できる。そういう方が即断するならそれが正しいんだろうけど、しばらくながめても結論は出ない。

Aさんが「こうするもんじゃないの?」と聞いたけど、Bさんはうなずかない。

私は内心で「ほら見ろ。そんな簡単な局面じゃないだろ」と思っていた。

結局、BさんがXG Mobileで解析した。それを見せられたAさんが「失礼しました」と私に謝罪。40点差ぐらいあったのかな。

この日、家に帰って思ったのは相手の方のレベルが謎だと、どういうふうにアドバイスを聞けばいいかわからないなあと。

たとえば私レベルの方の指摘であれば「じゃあ一緒に解析してみましょうか」となるし、ワールドクラスの方が言うなら95%以上わたしより正しいだろうし。

あとはまあ、きつく言った後の謝罪が「失礼しました」だけなのはちょっと足りてないかなと思った。だから私がやってしまったらもっと丁寧に謝れるようにっていうのと、お詫びのジュースぐらいはつけたいなと。

私も昭和の人間なので、老害化しないようにというのは最近とくに思っている。でもお詫びにジュースという発想がすでに昭和かなという気もする。

ネガティブな話で終わると、リアルでギャモンやるのを思いとどまってしまう人がいるかもしれない。だから最後にポジティブな話も書いておく。

上にあげたBさんには本当によくしてもらった。特に上達を見せるわけでもない私に懇切丁寧に教えてくれた。何のメリットもないのに……。

あとはいつも差し入れをしてくれて、特に印象に残ってるのはタルトポンム。私はそんなしゃれた名前のものを買ったことがないからね(笑)

解析に2-plyはどうなのかっていう話

バックギャモンエースというアプリは、プロが監修していることもあり機能的にアレだなーと思う箇所はほぼない。接続の問題は頻発するけどね……。

そんななかで少し不満なのが解析の精度。

まず、下記のポジションを見てほしい。きょうの私の実戦から。

f:id:amanomurakumo:20201115224537p:plain

下部左の13/3 13/8(2)が私の選んだ手。下部右がアプリの推奨手。

アプリ内の解析にはGNU BGの2-plyが用いられている。そして私の手は106点だか108点だかのブランダーと宣告された。

ある程度バックギャモンをされている方はわかると思うけど、ラスト1回を9/4にしようが8/3にしようが6/1にしようが、そんなに大差が出るようには見えない。エラーがつくにしても30点ぐらいまでかなという印象。

それでGNU BG 4-plyで解析してみると、私の手がベストムーブだった。

f:id:amanomurakumo:20201115231553j:plain

ちなみに同じくGNU BGで2-plyだとこういう結果が出る。

f:id:amanomurakumo:20201115232433j:plain

f:id:amanomurakumo:20201115232452p:plain

私の手は10番目で147点と実戦よりもエラーが大きくなった。

なお9番手以降が「0-ply」となっているのは私が恣意的に分けたものではなく、ソフトの側で深く解析する手・しない手を判断していると思われる。

※すべてを2-plyにそろえれば、ここも私の手がベストと出た。

バックギャモンエースでこういう経験を積み重ねた結果、GNU BGで解析するなら3-ply(grandamaster)以上は必須と私は思っている。

ただ実例を見たことがない方からすると、「解析を深く!」と言われても理解しづらいかなと思って記事にした次第。

西武×日本ハム(24回戦、メットライフドーム)

今シーズン初観戦。気分的におでかけはちゅうちょするんだけど、外野芝生席が今年限りになるというので行ってきた。

ちなみに改修後の姿は発表されていない。ライオンズ公式サイトには「慣れ親しんだ外野芝生エリアでの観戦を最後にお楽しみいただく」という記載があるのみ。

行き

都心を避け、茅ヶ崎から相模線、多摩センターからは多摩モノレールを利用した。

どちらも全線のるのは初めて。多摩モノレールは地形を存分に感じられて、いいものに乗った。

f:id:amanomurakumo:20201106003345j:plain

f:id:amanomurakumo:20201106003405j:plain

上北台からは歩く。例年ならバスがあるんだけど、今年は運行してない。40分ならまあいいかという気持ちと、でも40分は大きいなーというのと。

途中マックでお昼を買おうと思ったけど、モバイルオーダーに対応してない店だった。店内もちょいちょい埋まってたのでパスしてガストへ。お店でごはんを食べるのは8か月ぶり。

f:id:amanomurakumo:20201106003906j:plain

チーズINハンバーグとライス。計856円。

f:id:amanomurakumo:20201106004609j:plain

注文がタブレットで気軽だったので、食後にチョコバナナサンデーも。439円。

f:id:amanomurakumo:20201106012152j:plain

多摩湖

f:id:amanomurakumo:20201106012215j:plain

自転車で一度とおったことがある道だけど、歩きでは初めてかな。

湖をわたって、しばらく球場周りをウロウロ。先月30日にファームで高橋朋己の最終登板があった。今季は無観客だけど、試合中継を見るとレフトの場外でゲートフラッグを掲げる人の姿が。それで現地はどういうロケーションなんだろうと気になっていたのだ。

寮が移転した後の配置がわかって、いい時間だった。

入場

16:50ごろ現地到着。杉谷がメットライフドームで今年最後の打撃練習。アナウンスで29歳と聞いて、ちょっとびっくり。結婚も離婚もしてまだ20代なんだなあ。

外野芝生エリアは去年から指定席になった。個人的にはそれ以来はじめての芝生。黒いテープが一人分。水色のテープはコロナ対策で削ってある箇所。チケットは完売だったけど、自分の近辺は空席だらけ。不安なく観戦できた。

f:id:amanomurakumo:20201106014944j:plain

ビニール袋を敷物に。そうすると、下に滑りそうなのをこらえる形になる。ああ、この感覚が外野芝生席だよなー。これを思い出せただけでも、足を運んでよかったなと思う。

あぐらになるか体育座りをするかは分かれるところ。体育座りだと足裏が地面について、下に落ちにくいのはメリット。むかしはギッチギチに人を入れていたので、あぐらでスペースをとるのがはばかられる気持ちもあった。

f:id:amanomurakumo:20201106115513j:plain

通常料金プラス2400円の企画チケット。右側がウレタン?になっていて、想像よりもいい仕上がり。

試合

f:id:amanomurakumo:20201106113956j:plain

相手はすでに消化試合になっているファイターズ。ライオンズと同率で並ぶマリーンズは、ホークス千賀を相手にするので、きょうは1ゲーム差にしてほしいと思っていた。実際そうなってよかった。

ファイターズ先発の吉田輝星から初回に4点を先制。これで早々と継投にならないのがいかにも消化試合で、2回にも4点を追加。

ライオンズ先発ニールは今後に不安を残したものの、連投になっていた勝ちパターンの投手を休ませることはできた。ホーム最終戦をいい形で締めくくった。

試合終了後、花束をもった辻監督の姿がビジョンに映し出される。このタイミングでの花束は何が起こるんだろうと思ったけど、3塁塁審の佐々木が審判を引退されるとアナウンス。

統合前にセリーグの方だったこともあってか、個人的に記憶している出来事はない。こういう場面が設けられ、拍手で送られるのはいいことだなと思った。

試合後のセレモニーは高橋朋己のあいさつから。今後はライオンズアカデミーのコーチになるそうで、宣伝をバッチリ決めていた。復帰できずに申し訳ないと言っていたけど、大金をもらい続けていたわけでもないのに不満はない。

続けて森と辻監督のあいさつ。監督からは「王座奪還」「開幕を超満員で」という言葉があった。後者についてはどうなっているんだろうなあ。

このご時世なので、サインボールの投げ込みはなしでのグラウンド一周となった。

f:id:amanomurakumo:20201106113650j:plain

帰り

帰りも上北台から。当初は行きと同じルートで、茅ヶ崎から先は時間的に電車がないからハローサイクリングかなと考えていた。

だけど乗換案内で調べたら、小田急だと新百合ヶ丘から快速急行に乗れて、それだと10両編成だから後方車両は混雑を避けられるかなと。

実際そのとおりで席もすべて埋まらないぐらい。このご時世ゆえか、思ってたよりすいていた。

終電もこれから早まるみたいだけど、私の野球観戦にも影響するのかなというのが気になるところ。

移動

藤沢12:18発→(東海道線)→茅ヶ崎12:31着

茅ヶ崎12:38発→(相模線)→橋本13:38着

橋本13:46発→(京王相模原線)→京王多摩センター13:56着

多摩センター14:10発→(多摩モノレール)→上北台14:47着

上北台22:24発→(多摩モノレール)→多摩センター23:02着

小田急多摩センター23:19発→(小田急多摩線)→新百合ヶ丘23:31着

新百合ヶ丘23:34発→(小田急線・快速急行)→藤沢0:07着

昼食

ローソンで買った坂内食堂監修喜多方ラーメン。530円。

ブログ内検索してみたら、もう5年も坂内に行ってなかった。まえは野球観戦の帰りに寄ってたけど、いまは岡むら屋もあるからなあ……。

f:id:amanomurakumo:20201029002554j:plain
f:id:amanomurakumo:20201029002637j:plain

間食

プライドポテト(今金男しゃく)を食べた。ローソンで322円。

塩なしでもちゃんとうまいと感じられた。ポテチ界での湖池屋の巻き返しは各所で記事になっている。こういうものを食べると、やっぱり企業としていい流れにあるんだろうなあと思う。

f:id:amanomurakumo:20201029005348j:plain

間食

ローソンで買ったスライむすび(オムライス味)。140円。

ドラクエウォークのゲーム内に出てくるローソンキングスライムもそうだけど、アイデアが素晴らしいなあと。味は素直にオムライスで、嫌いな人は少ないと思う。

f:id:amanomurakumo:20201029011135j:plain

昼食

ここ2ヶ月ぐらいで、珊瑚礁レトルトカレーを各種類たべた。

ポークとビーフはそうてつローゼンで799円。ホタテとキーマはたまやで787円。

以上4種はエム・シーシー食品製。

f:id:amanomurakumo:20201029015552j:plain

湘南ドライカレーはローソンで339円。こちらはキサイフーズ工業製。

f:id:amanomurakumo:20201029015916j:plain

食べた順に感想を。キーマ・カレーは単一ではない深みのある味。以前、MCCの「100時間かけたカレー」というのを食べたことがあるんだけど、それと同じで素材のバランスとか工夫してるんだろうなと。おいしかった。(8月15日)

f:id:amanomurakumo:20201029021715j:plain

ポーク・カレーはチーズの味が強くてまろやか。あとは肉がごろごろと大きい。これもふつうにおいしかった。キーマとの比較は甲乙つけがたいけど、肉がアクセントになってる分こっちのほうが好きかな。(8月17日)

f:id:amanomurakumo:20201029021839j:plain

ホタテ・カレーはパッケージにもあるけど、ホタテ貝の風味がすごい。一味ちがったものを食べられた満足感があった。レトルトでは珍しい気がするけど、どうかな。(8月18日)

f:id:amanomurakumo:20201029021955j:plain

ビーフ・カレーはポークと同じでチーズの風味が出ている。一番オーソドックスだなあと。以上を食べてみて、私のイチオシはホタテに決定。(9月12日)

f:id:amanomurakumo:20201029022153j:plain

湘南ドライカレーは辛さのなかにまろやかさがあった。前4種との違いは電子レンジが不可なのと、あとは量がちょっと少ない。こちらは150gで前4種は220g。(10月27日)

f:id:amanomurakumo:20201029022251j:plain