『地球音楽ライブラリー 松任谷由実』(TOKYO FM出版、2003/1)

巻末近くのコーナー「SPECIAL ESSAY"YUMING"」*1で、「ユーミンと"田舎者の少年A"」という文章を書いている(全3ページ)。調べてみると、『うちのパパが言うことには』の12番目にも再録されている。
全体としてはデータ本で、アルバム・ガイドがおよそ半分を占めている。7曲、8曲そこらしかユーミンソングを知らない自分には、アルバムのテーマがこうだとか書かれてもわからないのだが、興味を持つきっかけにはなった。いつかライブにいってみたい。『ルージュの伝言』も読んでみたい。

飯島奈美著『LIFE なんでもない日、おめでとう! のごはん。』(ほぼ日ブックス、2009/3)

レシピ集。そのなかで「ロールキャベツ」というエッセイを書いている(全4ページ)。
上のユーミンに同じく、料理をしない人間にとっては、何もわからない1冊。

『いつも見ていた広島』

田家さんのblogによると、解説が重松清だそう。そうでなくても買おうと思っていたが、うれしい。
http://takehideki.exblog.jp/9771464/

ダ・ヴィンチ』6月号

「こんげつのブックマーク4」が重松清『ステップ』(全1ページ、取材・文:河村道子)。まあ、特記するようなことはない。

*1:ほかの執筆者は北川悦吏子田口ランディ土屋敏男