日本ハム×西武(17回戦、帯広の森野球場)

7回表

ライオンズが6-4でリード。フェルナンデスがフォアボールを選んだところで、雨による中断。
その強さ、グラウンドの水の浮きを見て、もう無理だろうと思ってしまった。いや、勝っていたからだめならだめでよかったのだが。
しかし結果的には弱まって再開。30分間様子を見るという原則(?)の意味を痛感させられた。

7回裏

前のイニングから続投の岡本篤志が先頭を出し、工藤にスイッチ。これが見事なまでの采配ミスだった。
ファームからあがり、敗戦処理や1-2点ビハインドで投げさすプロセスを省いて、勝ちパターン起用。当然、責任は監督にある。工藤本人も、状態をあげるにあげられないだろう、これでは。

歓喜

9回表、金子誠の1塁悪送球を足がかりに0アウト1、2塁。きょうはここからチャンステーマ2。雨で人が減って、動きやすい。
しかし、ブラウン・高山は凡退。2アウト。バッターは佐藤。ぶっ続けでの声援が後押しとなったか、打球はレフトを越えてライオンズ勝ち越し。
スタンドのファンが一体となり喜べる。そんな応援の楽しさを存分に感じられる瞬間だった。時間の都合で先に帰ってしまった人がかわいそうでならない。
9回裏はシコースキーが危うい場面を作るも、結局ゼロでゲームセット。
試合全体を見ると、長田がしっかり流れを作ってくれたのが大きい。今年の長田は本当に安定していて、応援のしがいがある。もしこれが西武ドームだったら、慶應出身ふたりのお立ち台なんてのも、見られたかもしれないな。

ロングゲームのコスト

長引いたことで、特急利用が必要になってしまった。およそ5000円の出費増。きょうの試合にその価値があったか。うーん、どうだろう。正直なところ3000円ぐらいまでかな。別に優勝とかそういうあれじゃないからね。
まあでも、試合時間は不確かだということの授業料だと思おう。

メモ

1-9後の応援団の挨拶は「帯広の日ハムファンに、きのう来なかったことを後悔してもらいたいと思います」
始球式はスケートの長島圭一郎。高めに浮いたけど、すんごいボールを放っていた。
3回表、栗山の左中間への打球で、森本がランナーをだますために捕球するかのような動作。効果はいかほどだっただろう。
中断時、マウンドとホームにシートがかけられた。その後、ベースにも覆いをするために4人が出てくる。彼らはなぜか、2塁担当3人、1塁担当1人に別れる。片っ方ひとりじゃできないだろうといじるスタンド。
47歳の登板時、1球ごとに沸き起こる「工藤」コール。たまには守備のとき声を出すのも悪くない。
2次会は「本当は日が暮れるまでやりたい。だけど(空港連絡?)バスの時間がやばいので、この分は20日からの札幌ドームで」とまとめていた。

得点経過

2回表、細川がライトへ2ラン。(西武2-0日本ハム
3回表、中島が左中間へ2点タイムリー3ベース。(西武4-0日本ハム
3回表、フェルナンデスがライトへ犠牲フライ。(西武5-0日本ハム
3回表、ブラウンが右中間へソロ。(西武6-0日本ハム
6回裏、糸井が右中間に走者一掃のタイムリー3ベース。(西武6-3日本ハム
6回裏、陽がレフトオーバーのタイムリー2ベース。(西武6-4日本ハム
7回裏、森本がセンター前にタイムリー。(西武6-5日本ハム
7回裏、小谷野が犠牲フライ。(西武6-6日本ハム
9回表、佐藤がレフトオーバーのタイムリー2ベース。(西武7-6日本ハム

NPB公式より

試合時間:4:02*1
観衆:17164

*1:Yahoo!プロ野球には4時間17分とある。ということは、中断は15分か。

野球以外

難敵

朝は8時半に起きる。その2時間前にベッドから落ちかけたが、二度寝に成功。
きょうの試合後は球場から西帯広までいって、普通列車に乗る予定。
駅へは徒歩で50分ぐらい。乗りたい列車は16:52。試合が3時間ちょうどぐらいで終わらないと厳しい。
しかし、走ったら半分にはなるだろう。そうしたら3時間25分かかっても大丈夫だ。
試合後のダッシュに備えて、荷物をいくらか郵送。バッグを軽くする。前夜、レターパック500の袋に、本と服を詰めておいた。
10時まえにホテルを出る。きょうも歩きで球場へ。ブツは道すがらで投函すればいいだろう。
ポストはセイコーマートで見つかった。そして袋を入れる――つもりが、入らない。中身をぱんぱんにしたため、投函口を通らないのだ。なんという誤算。
しかし、ここはだめでも、大きいポストならなんとかなるかもしれない。今度は遠回りをして郵便局を目指す。そして見えてきたポスト。明らかにさっきより小さい。試すまでもなく無理だ。きょうは日曜日なので、集配局でもない窓口はお休み。なんたることよ。
もう集荷の電話をかけるしかないのか。それにしたって、番号わからないしな。どうしよう。そう考えていると、セブンイレブンにポストが。しかもいままでのなかで一番大きい。祈るような気持ちで入れるが、やはり途中で引っ掛かる。
しかしもう押すしかない。ねじってねじってねじりこんだすえ、荷物が「がちゃん」と落ちる。その音に感動。二度とは味わいたくない感動。

さらなる誤算

試合終了は17時をも回ってしまった。駅まで走るどころか、もう列車は出発した後である。恨めしい天気め!
球場からのバスは40分ほどで帯広駅に。到着したらどしゃ降りで、傘があっても困るほどだった。
まず、みどりの窓口で乗車券・特急券を購入。試合が長引き、特急に乗らざるをえなくなったのだ。しかも元がフリーきっぷなので、運賃も必要になる。
それにしても、北海道だとまだJRは殿様商売なんだな。そう感じる窓口対応。

胃袋or清潔な体

しばらくすると、雨がやんだ。特急発車までは1時間弱。
試合中、かなり汗をかいた。本来なら途中駅で公衆浴場に寄る予定だったが、延び延びで不可能に。
では、ここで風呂にいっておこうか。そう思ったが、新鮮味がなくパス。食べるほうにする。
手持ちの地図にあった、はなとかちという豚丼屋。店の外には19時までとある。よかった、まだ大丈夫だ。
別記するが、感動さえするうまさだった。

余波

食後、再び帯広駅。乗る予定の特急は19:35発のはず。しかし掲示板の表示だと19:40になっている。
後に新得を発車したときのアナウンスによると「帯広での野球観戦のお客さまの都合を考慮して」とのこと。5分で何が変わるとも思えないが、文句いうやつが出るのだろうか。
なお「ほぼ定刻に回復している」とも放送していた。

南千歳

急行はまなすに乗り換え。時間があるので、ショッピングモールにあるローソンへいく。22時閉店なのでちょっと急ぐ。
店舗のまえに着いたのは21:50。しかしローソンには閉店の看板。明かりも消えている。公式サイトの記載が間違っていたのだろうか。まだ10分も前だしなあ。

はまなす

何事もなく青森まで到着。往路でも感じたが、函館での入れ替わりが少なくない。

前夜に競馬場で買ってあった増寿屋のパンよっつ(えんどうパン、白あんパン、蹄鉄クレセント、ばんばくん)。計475円。

球場売店で買ったぶた丼(いちまる製)。600円。
晩ははなとかちで豚丼(ご飯大盛)を食す。730円。ご飯がもっちりとして素晴らしくうまい。豚のほうが脇役な感すらある。
豚さんごめんね。でもそれが本当の気持ちなんだ。